スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<pre>タグでソースを記入すると便利

 このブログでもソースを色々書いていますが最初の頃はどうやってソースを載せるのか色々試行錯誤しました。タグをそのまま書くともちろんタグとして認識するのでタグの内容は表示されないし、空白はちゃんと反応しないし。
 例えば<html>と入力したければ&lt;html&gt;と入力しなくてはならず非常に面倒です。ということで私はホームページビルダーの「ページ編集」でソースを書いて「HTML ソース」をコピーしています。

 で、空白の問題は<pre>タグで解決できました。<pre>を使えば囲まれた内容は、そのままの形で表示されます。ただしタグは機能します。私はその<pre>タグにCSSを利用して下のようにタグを記入するようにしています。
pre{
background-color : #f0f0ff;
line-height: 120%;
padding : 7px 5px 5px 10px;
margin : 20px 10px 25px 10px;
border : 1px solid #d7d7ff;
font-size : 11px;
width : auto;
overflow: scroll;
height : auto;
}
フィードやTwitterで最新情報をチェック
follow us in feedly
この記事に付いているタグの最新記事一覧
loading...
コメント









※コメントはご意見ご感想や間違いのご指摘等にしていただけますようお願いいたします。コメントを確認する時間がなく、技術的なご質問をいただいても答えできません。申し訳ございませんがご理解のほどお願いいたします。

Recent Entry
Popular Entry
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。